HOME >>最新のお知らせ
 

 

 

消防法及び市町村条例により、全ての住宅に
火災報知器等の設置が義務付けられています。
 
(設置及び維持基準については、
市町村条例で定められます。)
  • 新築住宅・・・平成18年6月1日から施行されます。
  • 既存住宅・・・市町村条例により施行時期が定められます。

設置上の注意点(天井・壁面の取付位置)

<天井の場合>

壁面からの取付け位置

火災警報器の中心を壁から60cm以上離します。

 

 

 

梁などがある場合の取付位置

火災警報器の中心を梁から60cm以上離します。

 

 

 

 

 

エアコンなどの吹き出し口付近の取付位置

換気扇やエアコンの吹き出し口から1.5m以上。離します。

 

 

<壁面の場合>

天井から15〜50cm以内に火災警報器の中心がくるように取り付けます。

火災から大切な生命を守るために、住宅用火災警報器等を設置しましょう。

住宅用火災警報装置の設置義務化を契機として不適正な価格(市場価格を超える高額な価格)による販売を行う業者にご注意ください。(火災警報器は、クーリングオフの対象です。)
国の技術基準に適合じない住宅用火災警報器等は購入しないようにしましょう。
(日本消防検定協会の鑑定品には、「鑑定マーク」がついています。製品を購入される際の目安としてください。)

 

住宅用火災警報器に関するご相談は・・・

住宅用火災警報器相談室へ フリーダイヤル 0120-565-911

(月曜日から金曜日の9:00〜12:00及び13:00〜17:00 祝祭日を除く。)

一般社団法人 茨城県消防設備協会 

TEL: 029-226-9611 E-mail: i-ssk@i-ssk.or.jp