HOME>>制度・法令について>>防火対象物定期点検報告制度

 

 

 

平成13年9月1日、東京・新宿歌舞伎町で発生した火災は、かつてない44名もの尊い人命が失われた大惨事となってしまいました。この事件を踏まえ、消防法は大きく改正されるに至りました。

  1. 違反是正の徹底(平成14年10月25日施行)として、消防機関による立ち入り検査が随時できることや、命令で消防法令違反を改修すべき標識を設置出来る事となりました。


  2. 防火管理の徹底(平成15年10月1日施行)として、防火対象物定期点検報告制度(平成15年10月1日施行)が新設され、防火対象物点検資格者(新設)に防火管理状況を点検させ、その結果を消防署へ報告する事が、一定の建物(一般住宅を除く)の管理について権限を有する者に義務づけられました。

    この制度は、従来の消防用設備等点検報告制度とは別の制度で、この制度の対象となる防火対象物では、双方の点検及び報告が必要となります。


  3. 避難・安全基準の強化(平成14年10月25日施行)として、廊下、階段、避難口等、避難上必要な施設の管理の徹底が義務付けられました。


  4. 罰則の強化(平成14年10月25日施行)として、消防法違反に対する改修命令違反の罰則が、最高1億円まで引き上げられました。
点検・報告義務のある人

管理権原者
 
  建物の所有者や賃借人等で、防火管理上業務上の正当な権限を持つ者。

点検をする人

防火対象物点検資格者

点検報告を必要とする防火対象物

>>>>詳細はこちらへ

表示できるマーク

 

 
防火基準点検済証
 
防火優良認定証
防火対象物点検資格者による点検の結果、消防法令に適合している建物には、このマークが原則1年間表示できます。   さらに、過去3年間、消防法令を遵守している建物には、このマークを原則3年間表示できます。
(平成18年10月1日よりデザインを変更)

 

<< 自主点検報告表示制度>>
     
対象となる旅館
・ホテル等
適マーク制度の対象となっていた旅館ホテル等のうち、防火対象物定期点検報告制度の対象外で、消防法令を遵守している旨を表示することを希望するものです。
制度開始 平成15年10月1日〜

表示できるマーク

 

点検は、点検基準に基づいて防火対象物点検資格者又は防火管理者が行います。

特に防火対象物点検資格者が点検した場合は、

が貼付された表示となります。

 当協会は、これら各マークの頒布を実施しています。
詳細は、頒布・貸出しのご案内のページをご覧下さい。

 

--HOMEへ--